おいしさがえプロジェクト

おいしレシピ『冬』

雪国ならではの温もりあふれる家庭料理
雪国山形の先人たちが生んだ、体の芯から温まる料理を紹介します。
  • ひっぱりうどん
  • ひょう干しの煮物
  • 納豆汁

ひっぱりうどん

寒河江市をはじめ山形県では、冬になると鍋を囲んでひっぱりうどんを食べます。
茹でたうどんに、サバの水煮や納豆、ネギなどの薬味をからめていただきます。
保存がきくもので作ることができるので、材料をストックしておけば、災害時にも役立ちます。

材料(4人分)

乾麺うどん 500g
サバ水煮缶 2缶
納豆 2パック
トッピング
長ネギ 1/2本
適宜
七味唐辛子 適宜
花かつお 適宜
醤油またはめんつゆ 適宜

作り方

1.
サバ水煮缶と納豆を取り椀に分ける。長ネギの小口切り、卵、鰹節、七味唐辛子などを卓上に用意する。
2.
たっぷりの湯で乾麺のうどんを茹でる。鍋を卓上におき、うどんをサバ水煮缶と納豆の入った椀に取り分ける。
3.
お好みで長ネギ、卵、七味唐辛子、花かつお等をのせて、醤油(またはめんつゆ)をかけ、全体をよく混ぜて、うどんを頂く。
ポイント

サバの水煮缶や納豆はつけ汁として使います。サバや納豆は良質なたんぱく質を含みます。薬味をたっぷり用意して、温まりましょう。

ひょう干しの煮物

ひょう干しとは雑草の「スベリヒユ」を乾燥させたもので、真夏に収穫時期を迎えます。
厳しい冬の保存食として重宝されています。
無病息災などの願いを込めて「ひょっとして」よいことがあるかもしれないと縁起物として正月に食べられます。

材料(5~6人分)

ひょう干し 50g
油揚げ 1枚
平コンニャク 1/2枚
サラダ油 大さじ1
   
煮汁
だし汁 100cc
砂糖 大さじ1
みりん 大さじ2
醤油 大さじ2
絹サヤ 5枚

作り方

1.
米は研いで30分以上給水させる。サトイモは皮をむいて、輪切りにして水にさらす。
2.
サトイモをコメの上にのせて、炊飯器で炊く。炊き上がったら、コメとサトイモを一緒に潰す。一口大に丸めて、納豆・きなこ、あんこなどお好みの物をつけていただく。
ポイント

サトイモが大きめだと、炊飯時に火が通りにくいことがあるので、1cm幅くらいに切るとよい。

納豆汁

納豆汁は1月7日に春の七草粥の代わりに食べられています。寒い冬に、納豆・豆腐・油揚げ・味噌と大豆製品が4つも入り、良質なたんぱく質を摂ることができます。
里芋の茎を干した芋がら(カラドリとも呼ばれる)を入れるのが特徴です。

材料(5~6人分)

ひきわり納豆(※1) 2パック
ニンジン 1/2本
芋がら 1本
ゴボウ 1本
平コンニャク 1/2枚
油揚げ 1/2枚
豆腐 1/4丁
だし汁 4カップ
味噌 大さじ3~4
青ネギ(※2) 1本
   
※1…または粒納豆をすりつぶす
※2…またはセリ

作り方

1.
ニンジン、戻した芋がら、ゴボウ、平こんにゃく、油揚げ、豆腐はさいの目切りにする。
2.
だし汁と一緒に豆腐を除く1.を鍋に入れて、柔らかくなるまで煮る。
3.
弱火にして、納豆を加え、味噌を溶きいれる。豆腐を加えて、軽く温めたら出来上がり。椀に盛って、青ネギ(またはセリ)をのせていただきます。
ポイント

納豆の粘りを沸騰させてしまうと、きれいに仕上がらないので注意。温めるように加熱しましょう。

鈴木茜
  • 一覧へもどる
  • 冬レシピへ
  • 秋レシピへ
  • 夏レシピへ